婚活パーティー

マッチングアプリでのデート完全マニュアル!誘い方と初回から3回目までのおすすめデートプランを紹介

マッチングアプリのデート完全マニュアル 

マッチングアプリで知り合ったけど、「どこにデートに行ったら喜ぶのだろう」「誘い方がわからない」などと悩みは尽きないですよね。

気になるお相手がいても中々先に進めないと困っている人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、

  • デートの誘い方を例文付きで紹介
  • 初デートから3回目までのおすすめデートプラン
  • デート前の準備と気をつけたいポイント
  • デート後のメッセージの必要性

デートを控えている方や誘い方に悩んでいる人に向けて、わかりやすく解説していきます。

マッチングアプリの相手とデート!誘い方のポイント【例文付き】

milan-popovic-FHvpa4-Fpu8-unsplash-2

気になる人を誘うのっていつも以上に緊張しますよね。タイミングや言葉選びなど考えれば考えるほど悩んでしまいます。

しかし、誘い方のポイントをおさえておくことでデート成功率が上がります。

1:デートへのお誘いはやりとりを始めてから2週間後が目安

理由は、出会ったことがない人と信頼関係を構築できるのが2週間後だからです。

1日1往復程度の程度のやりとりだとすれば、2週間でおおよそ10通程度のやりとりになるので、お互いの趣味や価値観の共有には十分な時間があると言えます。

早すぎると軽い印象や怖さを与えてしまいますし、遅すぎると相手の気持ちが離れてしまう可能性があるのでデートへのお誘いはやりとりを始めてから2週間後が目安です。

2:デートの行き先や食べたい物は事前にリサーチする

相手の好みをリサーチしておくことでデートに誘いやすくなります。

例えば、タイ料理が嫌いな人にタイ料理を誘っても断られる可能性が高いですが、相手が好きなものへとリーチできれば、デートの成功率は高くなります。そのため、デートの行き先や食べたい物は事前にリサーチしておくことが必要です。 また、リサーチしておくことで緊張を和らげ、落ち着いてデートを進めることができます。

3:お誘いは前の話題と絡めて自然な流れで行う

自然の流れで行うことができれば、違和感なくスムーズにデートに誘うことができます。

話が盛り上がったタイミングや共通の話題が出てきたら絶好のタイミングです。

具体的には、好きな食べ物が同じなら一緒にご飯を食べに行こうと誘ったり、カフェ好き同士ならカフェに行こうと誘ってみるなどです。共通点などで相手の同意を得ることができれば、相手もデートに賛同しやすくデート成功率は高まります。

デートに誘う例文を状況別で紹介

job-gcc9986962_1280

ここからは実際にデートに誘うときの例文を状況別に紹介していきます。

相手のリサーチできている場合・できていない場合・自然の流れで誘う場合の3パターンに分けてあります。そのまま使えるものもあれば、少し変えるだけで使えるものもあるのでぜひ参考にしてみてください。

1:事前に好きな食べ物や行きたい場所がリサーチできている場合

具体的な日程を尋ねてからデートに誘います。

「今週の土曜日とかは何してますか?」

「特に予定はないので、家でネットフリックスでも見ようと思ってました」

「もしよかったら、この間話してた〇〇というカフェに行きませんか?」

相手の好きな食べ物や行きたい場所がリサーチできているので、丁寧で同意を得やすく、好印象を与えます。

2:リサーチの流れから誘う場合

相手の好きなものを尋ねてから、一緒にいきませんか?と誘います。

「お好きな食べ物はなんですか?」

「よくイタリアンを食べることが多いです」

「仕事の合間に〇〇(場所)に美味しそうな〇〇(相手の好きな食べ物)のお店を見つけたんですが、良ければ一緒に行きませんか?」

一度同意しているので相手も賛同しやすく、まずはデートを取り決めてからその後にゆっくり日程を決めましょう。

3:直前に会話に関係なく自然の流れでデートに誘いたい場合

相手の空いてる時間を尋ねてから、デートに誘います。

「休みの日は何してるんですか?」

「最近は、ジムに行くことが多いです。」

「よかったらおすすめの映画があるので行きませんか?」

などと、おすすめの〇〇と伝えることで、相手の興味を引けます。直前に会話に関係なく自然の流れでデートに誘うことができますよ。

初デートから3回目のデートまでおすすめプランやポイント

business-idea-g0bc25d9f9_1280

初デートは非常に重要です。初デートがうまくいけば、2回目のデートで会える可能性が高まります。

そのため、まずは相手に楽しんでもらうことを優先し、2回目、3回目以降につながることを意識してデートをすることが大事です。

【初デート】おすすめプラン:昼間にオシャレなカフェデート

初デートに誘うのであれば昼間の時間帯がおすすめです。

夜だと人によっては警戒されやすく、昼間であれば、健全なイメージがあるので気軽に来てもらうことができます。場所もオシャレなカフェデートを探しておきましょう。

おしゃれなカフェであれば、雰囲気も良く会話もはずみやすいですし、開放的な空間で緊張もしにくいです。また、金額もご飯や居酒屋に比べると抑えることができるので、初デートにはおすすめです。

1:初デートは1~2時間の短時間がベスト

1時間以内だと「つまらなかったのかな」と思わせてしまう可能性がありますし、長時間だと疲れてしまう可能性があるので、1~2時間の短時間がベストです。

2回目以降のデートにつなげることが大事で、「また会ってみたいな」「もっと話してみたいなと思ってもらうことが非常に重要です。もちろん、「まだ一緒にいたい」や「このあとご飯でもどうですか」と言われたら、好印象のため都合が良ければ行きましょう。臨機応変に対応することが大事です。

2:カラオケやドライブデートは避けよう

会ったことのない人の車にいきなり乗るのって怖いですよね。 初デートでカラオケやドライブデートなどの密室空間を提案するのは避けましょう。

初デートはお互いのことをまだ何も知らないので、女性は特に密室空間は警戒心を抱く可能性があります。 また、密室空間は沈黙が目立ってしまうので気まずく感じてしまう人も多いです。そのため、もしカラオケやドライブデートに誘うのであれば、最低でも3回以上のデートをした後に誘った方が無難です。

3:初デート代はスマートに男性の奢りがおすすめ

「男性が奢るなんておかしい」「ずっと奢ることになりそうだから嫌だ」などと、たくさんの意見が聞こえてきそうですが、もし、デートを成功させたいのであれば初デート代は男性が奢ることをおすすめします。

奢ることは、金持ちアピールや見えを張るためではなく、相手の女性に本気度を伝えることができます。「私のことを考えてくれている」などの特別感を持ってもらえるので、2回目以降のデートにつなげやすいです。

4:次回のデートの約束をしておこう

次回のデートの約束をしておくことで、次のデートが確定するだけでなく、自分の感情もさりげなく伝えることができます。

ただし、会ってすぐに誘っても断られる可能性が高いので、デート中盤から別れ際までには次回の約束をしましょう。 もちろん初デートが楽しくなければ断られてしまうので、デートを全力で楽しんでもらうことが最優先です。OKをもらうことができれば好印象の可能性が非常に高いです。

【2回目】おすすめプラン:仕事終わりのディナーデート

初デートは昼間でしたが、2回目のデートは仕事終わりのディナーデートをおすすめします。

初デートはお互いに緊張や気合が入りすぎたり、相手のことを十分に理解できないまま終わってしまうケースもありますが、2回目はじっくり話すことができます。夜の落ち着いた空間でデートしましょう。 2回目のディナーデートはお互いの関係性が発展するかどうかの非常に重要なデートになるので、具体的なポイントを解説していきます。

1:賑やかな場所よりも落ち着いた雰囲気のあるお店がベスト

賑やかな場所では、お互いの会話に集中できないので落ち着いた雰囲気のお店がベストです。

2回目は相手のことをより深く知ることが重要で、事前に料理のジャンルやコスト、コースなどお店に関しての事前情報を調べておきましょう。 到着しても慌てることなく落ち着いて会話をすることができます。初デート時などに相手の好きなものやお店などを把握しておくことも重要です。

2:初デートから10日~2週間以内で予定を組もう

初デートからすぐに誘ってしまうとかなり必死な感じが伝わってしまいますし、2週間以上誘わないと、相手から「脈なしなのかな」と思われてしまう可能性があります。理想としては初デートから10日~2週間以内で予定を組みましょう。

2週間以内であれば、相手の印象も残っていて会話もスムーズで盛り上がりやすいです。仮に予定が合わないのであれば、印象が薄くなってしまう可能性もあるので、隙間時間に会えるような気軽なデートを提案してみましょう。

【3回目】おすすめプラン:ランチから夜ご飯までの長時間デート

3回目のデートにおすすめなのはランチから夜ご飯までの長時間デートです。

1回目、2回目のデートは基本的に時間が短かったですが、3回目のデートは半日ほどのデートに誘ってみましょう。 ずっと動きっぱなしは疲れてしまうので、間に休憩を挟むなど、相手のことを考えながら楽しいと思ってもらうデートプランが重要です。相手もかなり好意を持っているので、女性の興味ある場所をリサーチしておくことが重要です。

1:3回目のデートは相手も告白を期待している可能性大

3回目のデートにOKをもらうことができたらかなり脈ありで、相手も告白を期待している可能性は高いです。

好きじゃない人を3回も誘わないですし、嫌だと思っていたら会いたいとも思いません。「この人だったらお付き合いできるかもしれない」と思っている間に告白することが大切です。 もちろん、仲がしっかり深まっていないと感じたのであれば、無理をせずに様子をみましょう。

2:告白におすすめの場所3選

告白におすすめの場所は3つあります。

  • 夜景が見えるレストラン
  • 静かな浜辺
  • 人気の少ない公園

騒がしい場所では落ち着くことができないですし、自分たち以外にも人がいると周りの目を気にしてしまうので、しっかりと話せません。そのため人が少なく落ち着いて話せる場所を選びましょう。

また告白する時間は夕方以降を狙いましょう。昼間よりも夕方以降のほうが薄暗くなり、ムードが出るので告白成功に繋がりやすいです。

3:告白は直接ストレートに伝えることが大事

何と伝えればよいか悩みますが、告白は直接ストレートに伝えることが大事です。

何処に惹かれたか、なぜ好きなのかを一緒に伝えてあげると説得力が出るので、より気持ちが伝わります。

例えば、「〇〇さんと一緒にいて楽しいと思いました。好きです。付き合ってください。」や「〇〇なところが大好きです、付き合ってください。」など、上手く喋ろうとする必要はないので、ストレートに思いをぶつけましょう。

相手がデートで脈ありの際にする対応5選

joel-overbeck-fGPGd9PFd3w-unsplash  

言葉や行動は意識的に行えるものが多いですが、対応に関しては無意識に行なっていることが多いです。

脈ありの対応を知っておくことで、告白のタイミングやデートへ誘うタイミングの参考にしましょう。

1:積極的なスキンシップがある

人は嫌いな人や苦手な人には触りたくない、近寄りたくないなどの感情が無意識に働き、好きな人には近寄りたい、くっつきたいの心理が働きます。積極的なスキンシップがあると好意の感情を抱いてることが多いです。

ただし、奥手の人や恥ずかしがりの人はスキンシップができない人もいたり、好意の有無に関係なくスキンシップをとってくる人も中にはいるので、積極的なスキンシップ=脈ありというよりかは、「あなたに心を許している」「気になっている」程度に思っておくとよいでしょう。

2:自分のことをよく褒めてくる

「私のことを気に入ってもらいたい」や「相手に喜んでもらいたい」との心理が働くので、脈ありの可能性が高いです。 相手のことを見ていないと褒めることができないので、それだけ興味を持ってもらえているということです。

ただし、社交辞令で相手に話を合わせる人もいるので、必ずしも褒めることが好意を持っていることではありません。相手の人柄や性格も踏まえて判断しましょう。

3:物理的距離が近くても嫌がらない

一般的には、距離が近ければ近いほど脈ありだとされています。

なぜなら人はパーソナルスペースと呼ばれる自分の領域が存在し、ある一定の距離まで近づかれると不快に思うなど、無意識のうちに他人と一定の距離を取ることで感情のバランスを取っています。 つまり、近づいても嫌がらないということは、自分の領域に入っても嫌ではないので、好意を抱いている可能性がかなり高いと言えます。

4:話をする時によく目が合う

人は興味がある人には無意識で目で追ってしまうので、脈ありの可能性は高いです。

また、目があった瞬間に笑顔になったり、表情が崩れたらさらに脈ありの可能性は高まります。 ただし、真顔だった場合はただあなたの方向に見るべきものがあったり、単純に視力が悪いという可能性もあるので注意が必要です。

5:次回のデートの提案を相手からしてくる

デートに誘う行為は「あなたのことをもっと知りたい」「あなたともっと一緒にいたい」ということの表れで、脈ありの可能性がかなり高いと思っていいでしょう。

また、デートの予定が合わないときに、代替えの日程を提案してくる場合も、会いたいと思ってくれているので脈ありの可能性が高いです。 また、提案がない場合でも落ち込む必要はなく、自分から誘ってみることが大事です。

デート前にしておきたい4つのこと

mayur-gala-2PODhmrvLik-unsplash

デートの成功か失敗かは、事前準備で決まるといっても過言ではありません。

当日は緊張や慌ただしくなることが予想されるので、前日には全て終わらせておくことが重要です。

1:あらかじめデートプランを決めておく

せっかく素敵な女性と出会えても、デートが失敗してしまっては元も子もありません。行き当たりばったりのデートは、グダグダを引き起こしてしまう可能性があります。

「季節や天気」「食事」「相手の好み」「目的」などデートプランを事前に考えておけば、スムーズにエスコートできます。 相手と相談しながら決めるのも楽しいですし、お店の予約などを済ませておけば、相手に好印象を与えることができるでしょう。

お昼デートの場合は帰る時間を決めておくことも大切

夜デートの場合は、「終電」や「ご飯食べた後」など切り上げるタイミングがありますが、昼デートの場合は、予定が入ってない限り時間があるので、解散するタイミングが話わからなくなってしまうことがあります。

会ってから言うと、「つまらなかったかな」と思わせてしまう可能性があるので、会う前にデートの約束をする時に、「1〜2時間話しましょう」や「〇時から予定があります」などと先に伝えておくことも必要です。

2:身なりを整える

身なりとは服装だけでなく、爪やムダ毛などの身の回りに関する全てのことです。

第一印象で90%決まると言われているくらい身なりは重要です。爪やムダ毛などは前日でも行えますが、服装や髪は前日だけでは間に合わないので、デートの日付が決まった瞬間から準備しておきましょう。 特に「汚い、臭い、だらしない」などの清潔感がない人は男女ともに嫌われてしまうので、注意しましょう。

3:相手のプロフィールをチェックしておく

相手のプロフィールに書いてあることを質問してしまうと、「私のことに興味ないのかも」や「本気じゃないのかな」と思われてしまう可能性が高く、適当に思われてしまいます。

反対に、プロフィールに書いてあることを「出身地は〇〇ですよね」などと、伝えてあげると、「私に興味を持ってもらえている」などと好印象を持ってもらえるので、デート前は相手のプロフィールをチェックしておくことが大事です。

4:LINEや電話番号などアプリ以外の連絡先を確認しておく

当日にアプリにログインできなくなる可能性や、一時的に使えなくなるなど不測の事態にも対応できるように、LINEや電話番号などアプリ以外の連絡先を確認しておきましょう。

また、初デート時には顔がわからないと、待ち合わせにもたついてしまう可能性があるので、LINEや電話番号などを知っていると便利です。 ただし、出会う前に個人情報を教えたくない人や、既読になるのを嫌がる人もいるので、相手に合わせて連絡先は交換しましょう。

デートを成功させるために気をつけたいポイント4選

sunset-gd6df77c98_1280

デートを成功させるために自分をアピールすることも必要ですが、相手に不快感を与えてしまうと一気に嫌われてしまう可能性があります。気を付けなければならないポイントを順番に解説していきます。

1:LINEや電話番号を聞く時は先に自分のIDを出す

仲良くなった相手とLINE交換や電話番号を交換するときには、注意が必要です。

IDを相手から聞いてしまうと、「なんで私のほうから教えないといけないのか」と不快感を感じる人もいます。 そのため、まずは自分からIDを出すことによって安心感や丁寧な印象を与えましょう。その際、読み取り方を知らない人もいるのでORコードよりもIDを出した方が親切です。

 また、LINEの名前やTOP画の写真など、適当に設定していると警戒心が高まって、返事が来なくなってしまうこともあるので注意が必要です。

2:絵文字や顔文字の乱用は避ける

絵文字や顔文字はメッセージにフレンドリーさが増して、感情も伝えやすいので非常に便利ですが、使い過ぎには注意しましょう。 受け取る人によって与える印象が変わってくるからです。

人によっては幼稚に見えてしまったり、適当な印象を与えてしまう可能性があるので、慣れていないうちは使いすぎない方が無難です。ただし、一回のメッセージに1つくらいであれば悪い印象を与えないので、相手に応じて使い分けていきましょう。

3:いきなり馴れ馴れしいタメ語や呼び捨てはNG

年齢に関わらず、いきなり馴れ馴れしいタメ語や呼び捨ては悪い印象を与えてしまいます。

敬語を使うことはもちろんのこと、初めのうちは名前も「さん」付けすることがよいでしょう。相手から常識がないと思われてしまうよりも、丁寧な言葉使いで誠実な印象を与える方が大事です。

もし仮にタメ口や呼び捨てをするのであれば、「お互いタメ口で話しませんか」と許可を取ってから話すことがおすすめです。

4:会話が一方的にならないように相手の話にも耳を傾ける

自分ばかり話しているときは注意が必要です。思わず夢中になると一方的に話をしてしまいがちなので、意識して相手の意見や気持ちに耳を傾けるようにしましょう。 話の中心を自分から相手に変える意識が大事です。

相手に質問を投げかけたり、相手の話している内容に対してもっと深く聞いてみましょう。相手も「興味を持ってもらえてる」と感じるので、会話が盛り上がりやすく、話も広がりやすいです。

デート後はお礼のメッセージが大事!送っておきたい2つの内容

smartphone-g0e086c443_1280

デートが終わった後は必ずお礼を伝えましょう。次のデートの約束へと繋げるために進展するようなメッセージを送ることができれば、関係は発展しやすくなります。送っておきたい2つの内容を解説していきます。

1:楽しかった思いを伝えるお礼メッセージ

デートが終わった後に、「相手から今日楽しかった」とメッセージが届いたら嬉しいですよね。

相手も今日のデートはどうだったんだろうと気になっていることがほとんどで、楽しかった思いを伝えるお礼メッセージを送りましょう。

例えば、「今日はありがとうございました!いろいろな話が聞けて楽しかったです。」よりも「今日はありがとうございました!〇〇の話は今思い出しても笑っちゃいます。」などと、具体的に伝えることで、より相手に楽しかったことを伝わりやすくなります。

2:次回のデートも楽しみにしている内容のメッセージ

もっと相手のことを知りたいと思ったのであれば、積極的にもう一度デートをしたいと伝えることが重要です。

デートが終わった後は一番相手の印象が残っているので、効果も大きく、「今日はすごい楽しかったから、またデートしたい」のように、はっきりとストレートに言うことで、相手に自分の意思も伝わります。

また、相手が少しでも脈ありであれば、あなたのことを意識するので、次のデートの約束や恋人関係に進展しやすいです。

マッチングアプリで出会った相手とのデートの攻略法を学んで成功させよう

6FA70C5F-78A6-4E28-8FAC-609E85583285-2

今回は、マッチングアプリのデートのコツを解説してきました。

  • デートの誘いは2週間後以降に会話の流れからデートに誘う
  • 初デートは昼間のおしゃれなカフェで、少しづつ時間を伸ばしていく
  • 告白は3回目でストレートに伝えることが重要
  • デート後は相手にはっきりと気持ちを伝える

上記を実践することができれば、デートから恋人関係に発展する確率は上がってくるので、何度も繰り返し見ながら行動していきましょう。

この記事の著者

  北澤サム solosolo編集部:北澤 サム

婚活・恋愛系ライター。30代独身。アラサー世代に向けて男性目線での女性の婚活をサポートします。

婚活の悩みはLINEで占い師に相談!

LINEトーク占い

LINEで気軽に本格的な占いをしてもらえることで人気の「LINEトーク占い」では、友達追加をすれば電話やチャットでご利用いただけます。初めての方に限り今だけ10分無料キャンペーン中です!

LINEトーク占いを使ってみる

TOP