marriage_agency

結婚相談所の3ヶ月ルールって?絶対に3ヶ月で成婚退会しないといけないの?

結婚相談所の3ヶ月ルールって?絶対に3ヶ月で成婚退会しないといけないの?

結婚相談所には「3ヶ月ルール」というものがあることをご存じでしょうか?

「交際期間が3ヶ月しかないの?」 
「結婚相談所を3ヶ月でやめるってこと?」 
と不安に感じる方もいるでしょう。 

ここでは、結婚相談所の「3ヶ月ルール」と、その3ヶ月間の中で自分にぴったりの結婚相手を選ぶ方法を、わかりやすく解説します。 

結婚相談所の3ヶ月ルールって? 

結婚相談所の3ヶ月ルールって? 

まずは、結婚相談所の「3ヶ月ルール」とはどんなものなのか詳しく解説していきます。

3ヶ月ルールとは結婚の意思表示までに費やす交際期限

「3ヶ月ルール」とは、基本的には「3ヶ月の交際期間で結婚するかどうか決めましょう」という結婚相談所独自のルールです。

結婚相談所に入会すると、まずお見合いをします。 
そして気の合う方が見つかり交際に進む場合、交際の期間は「お見合いの日から3ヶ月」と決まっています。

この3ヶ月の間に、結婚相談所に対しお相手と結婚するかどうかの意思表示をしなければなりません。 

万が一何も報告せずに退会して結婚相談所で知り合った方と結婚した場合、調査費用や成婚料相当を請求される場合があるので注意しましょう。 

3ヶ月ルールのない結婚相談所ってあるの? 

「3ヶ月ルール」は、結婚相談所によって設けられているところと設けられていないところがあります。
基本的に 、IBJ(日本結婚相談所連盟)に加入している結婚相談所は「 3ヶ月ルール」を設けているところが大半です。 

ただ結婚相談所によって方針もさまざまであるため、入会するときにしっかりと確認しましょう。 

「3ヶ月ルール」が設けられていない場合でも、入会して3ヶ月頃にはコンシェルジュからこれからどうするのか尋ねられることが多いようです。

交際してからの3ヶ月は、婚活でのひとつの区切りの目安と考えてよいでしょう。 

3ヶ月ルールの例外はあるの? 

基本的に「3ヶ月ルール」に例外はありませんが、絶対に3ヶ月で成婚退会しないといけないという厳しいものではありません。 

例えば交代勤務でなかなかデートの機会を作ることができないカップルの場合、3ヶ月では会う回数も少ないですよね。

コンシェルジュが必要と判断した場合は、延長が認められる場合もあります。 

3ヶ月ルールを設ける意味って何? 

3ヶ月ルールを設ける意味って何? 

そもそも「3ヶ月ルール」は、誰のために、何のために設けられているのでしょうか。

「3ヶ月という短い交際期間で本当に結婚相手を決めて大丈夫?」

「3ヶ月じゃ決められないし気持ちが追い付かない!」と不安に感じる方もいるでしょう。 

しかし、実は3ヶ月あれば十分に結婚相手を決めることができるのです。 

ここでは、「3ヶ月ルール」を設ける意味について解説します。 

3ヶ月あれば大体は相性を見定められるから 

実は、結婚相談所で知り合った方と交際した場合、3ヶ月あれば相手との相性を見定めることができます。 

その理由としては、以下が挙げられます。

  • 結婚相談所には結婚相手を探している会員しかいない
  • プロフィールを見て、ある程度希望条件に合致した会員とのみお見合いができる

結婚相談所はお互いに結婚相手を探している人達が出会う場所。

お見合いの前に相手のプロフィールを見れるため、年収や家族構成、同居を希望しているかどうかなど、お相手の情報をある程度知れます。

お互いに条件面での譲れないポイントをクリアしたうえでお見合いをするため、 お見合い以降の3ヶ月間は性格や雰囲気が合うかどうかなど相性を見極めるだけでよいのです。 

交際をだらだらと長引かせないため 

「3ヶ月ルール」は、交際を無駄に長引かせないためのルールでもあります。 

婚活している時間は、とても貴重な時間です。

「3ヶ月ルール」があることでお互いを知ろうという気持ちが高まり、結婚に向けた前向きな話し合いができるでしょう。 

恋愛からの交際では「だらだらと長く付き合ってしまったため、結局婚期を逃してしまった・・」という声をよく聞きます。 

そうした事態をさけるためにも、「3ヶ月ルール」は設けられているのです。 

月額費を無駄にさせないため 

金銭的な面でも、「3ヶ月ルール」は効率的なルールです。

交際期間中でも、結婚相談所に月額費用を支払わなければいけません。
交際期間が3ヶ月と決まっていることで、無駄な婚活費用を防げます。

もし交際をやめたいと思ったときは相手に直接伝えるのではなく、結婚相談所に伝えればよいので「相手を傷つけてしまったら…」と悩む必要もありません。 

交際3ヶ月で見極めるべきポイントって? 

交際3ヶ月で見極めるべきポイントって? 

人生を共にするお相手を決める、大切な3か月の交際期間。

「あの時、ここをチェックしておけばよかった…」なんて、結婚してから後悔なんてしたくないですよね。

ここでは、交際3ヶ月で結婚相手を見極める6つのポイントをご紹介します。 

好きなもの・嫌いなものが何か 

自分とお相手の相性を知るうえで、「好きなもの」と「嫌いなもの」が同じかどうかは大切なポイントです。

完全に一致する必要はありませんが、違っていた場合にそれが自分の許容範囲かどうか確認しましょう。 

食べ物・趣味・洋服・掃除・料理など、人間には好き嫌いが数え切れないほどあります。

そんななか好きなものや嫌いなものが同じだと共感を感じ相手に好感を抱くため、二人の距離もぐっと近づくでしょう。 

お相手と一緒にいるときに我慢することや辛いことがある場合は、それが一生我慢できるかどうかを見極める必要があります。

働き方 

お互いの働き方に伴う、生活パターンや考え方も重要なポイントです。 
お互いの生活パターンが違いすぎるためにすれ違いが続き、別れてしまうカップルや夫婦は多くいます。

相手が夜勤のため、朝起きた時には相手は寝ている…。
仕事が激務で朝少しだけ顔を合わせる程度で、ご飯を一緒に食べることも少ない…。

このようなすれ違いの生活は、いかに性格があってもうまくいかない可能性があります。 

また、近年は共働きの夫婦が増えています。
子供ができたとき、家族が病気になったとき仕事をどうするかなど話し合う必要があるでしょう。

お金の使い方 

お金の使い方もチェックしたい重要なポイントです。 

ケチやお金持ちといった表面的なものではなく、身の丈に合った生活をしているか、節約したいところが自分と同じかどうかという「金銭感覚」を確認しましょう。 

高価な車や趣味のものを買うために、食費は節約するという人もいます。 
健康のために食費は惜しみなく使い、洋服や旅行は節約するという人もいます。 

お金の使い方や節約したいところが同じだと、スムーズにいきやすいでしょう。 

また、当人同士だけでなく家族のお金の使い方もできれば確認しましょう。 
当人同士は家族だけのこぢんまりとした結婚式を希望していたのに、家族が習わしや人目を気にして盛大な結婚式をあげろと口を出してきて問題になる話はよくあります。 

モラハラやマザコン的な要素はないか 

基本的なことですが、人間性に問題がないかどうかもしっかり確認しましょう。

好きになってしまうと見逃してしまいがちなのが、「モラハラ」「マザコン」 的な要素です。
モラハラは一見自分にも他人にも厳しくて頼りになるしっかりした人と思われますが、自己愛が強く他人の不利益や犠牲を顧みない傾向があります。

モラハラ男性の典型例
  • 外面が異様に良い
  • タクシーの運転手や店員に横暴な態度を取る

「マザコン」は家族を大切にする優しい人と勘違いしてしまいがちですが、母親の言いなりになって家族に辛い思いをさせることも。

マザコン男性の典型例
  • 身の回りの世話を母親に任せている
  • 普段の会話が家族の話ばかり

「モラハラ」「マザコン」を治すことは大変難しいため、しっかりと見極めることが大切です。

家族に関すること 

家族が宗教にハマっている…。問題行動の多い兄弟がいる…。 
母親が病気で看病が必要な状態である…。 

家族の問題は、友達でもなかなか打ち明けることができない繊細な話。 

しかし結婚を前提とする場合は家族に関することもしっかりと話し合い、幸せな結婚生活を送ることができるかどうか確認することが必要です。 

結婚とは家族になること。当人同士だけでなく、家族との付き合いもしなければなりません。
子どもができれば、自分や子どもが病気になったときに家族の協力があるととても心強いでしょう。 

結婚後に描く家庭像に大きな差異はないか 

結婚した後にどんな家庭を築いていきたいかも、大切なポイントです。 

子どもが欲しいかどうかはもちろん、一戸建てに住みたい、マンションに住みたいというこだわりがある方もいるかもしれません。 

子どもができた場合、専業主婦を希望する方もいるでしょう。 

「あまり将来の話をすると重たいと思われそう…」と躊躇してしまいそうですが、お相手も結婚を希望している人です。

お相手がどんな家庭像を抱いているのか、交際期間にしっかりと確認しましょう。 

「3ヶ月ルール」で相手を見極めることができる 

「3ヶ月ルール」で相手を見極めることができる

結婚相談所の「3ヶ月ルール」について、ご説明していきました。
いかがだったでしょうか?

交際期間を3ヶ月と決めて交際することで、効率的に相手を見極め自分にぴったりの結婚相手を見つけることができるでしょう。

お見合い後の3ヶ月の間にお相手がどのような方なのか、自分と幸せな結婚生活を送れるのかどうかをしっかりと見極めていくことが大切です。

TOP